文字の大きさを変更 

▶和白地域交流センター
福岡県福岡市東区和白丘1丁目22-27
TEL:092-608-8480
FAX:092-608-8485
○開館時間
午前9時から午後9時まで
(多目的ホールは午後10時まで)
○休館日
毎月最終月曜(祝日のときは翌日)
及び年末年始(12/28~1/3)

▶和白図書館
TEL:092-608-8490
FAX:092-608-8495
○開館時間
午前10時から午後6時まで
○休館日
月曜(祝日のときは翌日)、
毎月末日(土曜、日曜、月曜、または休日の場合はその日以降の平日)、及び年末年始(12/28~1/3)

▶2020年11月
和白地域交流センター
30日(月)



和白図書館

2日(月)、4日(水)
9日(月)、16日(月)
24日(火)、30日(月)


▶2020年12月
和白地域交流センター
28日(月)〜1/3(日)

和白図書館

1日(火)、7日(月)
14日(月)、21日(月)
28日(月)〜1/4(月)

122795044_2860172900877488_343440378542407246_n
「いたいっ!」がうんだ大発明 ばんそうこうたんじょうものがたり
バリー・ウィッテンシュタイン/文 クリス・スー/絵 光村教育図書  2018.12  ISBN:4-89572-231-5
けがをしたとき、ささっと貼れる救急ばんそうこうは、とても便利ですね。救急ばんそうこうにも、誕生の物語があります。時は今から100年ほど前のアメリカ。アール・ディクスンさんの愛する奥さんは、とても不器用でしょっちゅうけがをしていたんですって。そこで、医療用品の会社に勤めていたアールさんは、奥さんが自分で手当てできるものを考えに考え、試行錯誤して救急ばんそうこうを商品化したのであーる!なんちゃって。今日では世界中で使われている救急ばんそうこうは、大切な家族への思いやりから生まれたのです。まさに「けがの功名」ですね。