文字の大きさを変更 

▶和白地域交流センター
福岡県福岡市東区和白丘1丁目22-27
TEL:092-608-8480
FAX:092-608-8485
○開館時間
午前9時から午後9時まで
(多目的ホールは午後10時まで)
○休館日
毎月最終月曜(祝日のときは翌日)
及び年末年始(12/28~1/3)

▶和白図書館
TEL:092-608-8490
FAX:092-608-8495
○開館時間
午前10時から午後6時まで
○休館日
月曜(祝日のときは翌日)、
毎月末日(土曜、日曜、月曜、または休日の場合はその日以降の平日)、及び年末年始(12/28~1/3)

▶2020年6月
和白地域交流センター
29日(月)



和白図書館

1日(月)、2日(火)、8日(月)
15日(月)、22日(月)
29日(月)、30日(火)


▶2020年7月
和白地域交流センター
27日(月)

和白図書館

6日(月)、13日(月)
20日(月)、27日(月)
31日(金)

202006_300x239
機関車シュッポと青いしんがり貨車
リディア・フリーマン/作 ドン・フリーマン/作 BL出版 2007.12
昔、サーカス列車の最後尾につけられていた青い貨車ルーシーは、今は線路脇に捨てられてひとりぼっち。しかし、ルーシーは、大きな機関車たちの中で同じようにひとりぼっちだった小さな機関車シュッポと友だちになりました。ある大雪の日、急行列車が立ち往生してしまいます。皆が困り果てた時、助けようと飛び出していったのは、除雪車として働いたこともあるシュッポでした。ルーシーの応援を受けたシュッポは無事に急行列車を助け出せるでしょうか。

1951年に初めて出版された本書は、フリーマン夫妻の初めての共著。夫妻は実際に操車場のそばに住んでいたそうです。貨車や機関車などの乗り物たちと鉄道で働く人たちが、表情豊かに会話し合い、助け合って暮らす様子は、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれます。柔らかく勢いのある線と淡い色彩の絵も、幸せな結末の物語にとても合っています。