文字の大きさを変更 

▶和白地域交流センター
福岡県福岡市東区和白丘1丁目22-27
TEL:092-608-8480
FAX:092-608-8485
○開館時間
午前9時から午後9時まで
(多目的ホールは午後10時まで)
○休館日
毎月最終月曜(祝日のときは翌日)
及び年末年始(12/28~1/3)

▶和白図書館
TEL:092-608-8490
FAX:092-608-8495
○開館時間
午前10時から午後6時まで
○休館日
月曜(祝日のときは翌日)、
毎月末日(土曜、日曜、月曜、または休日の場合はその日以降の平日)、及び年末年始(12/28~1/3)

▶2018年7月
和白地域交流センター
30日(月)



和白図書館

2日(月)3日(火)9日(月)
17日(火)23日(月)
30日(月)31日(火)


▶2018年8月
和白地域交流センター
27日(月)



和白図書館

6日(月)13日(月)
20日(月)27日(月)
31日(金)

201807_300x416
戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ

ルイーズ・ボーデン/文 アラン・ドラモンド/絵 福本友美子/訳  岩波書店 2006.7  ISBN:4-00-110887-9

この本では、おさるのジョージの絵本が誕生したその裏に、戦争の惨禍を乗り越えた作者夫妻の姿があったことが綴られています。


作者のH.A.レイとマーガレット夫妻は、結婚してドイツからフランスに移り住みました。このころ、ジョージの原型である子ザルの物語のアイディアが生まれています。しかし、ナチスがフランスに侵攻すると、ユダヤ人である二人はパリから自転車で脱出しました。途中で汽車に乗り、ポルトガルのリスボンへ。そこから大西洋を渡り、ブラジル、そしてアメリカまでの長い旅の果てに、二人は、やっとアメリカで、おさるのジョージの絵本を出版するのです。


色彩豊かな可愛らしい絵と写真が、戦火をくぐりぬけた夫妻の苦労と勇気を伝えてくれます。