文字の大きさを変更 

▶和白地域交流センター
福岡県福岡市東区和白丘1丁目22-27
TEL:092-608-8480
FAX:092-608-8485
○開館時間
午前9時から午後9時まで
(多目的ホールは午後10時まで)
○休館日
毎月最終月曜(祝日のときは翌日)
及び年末年始(12/28~1/3)

▶和白図書館
TEL:092-608-8490
FAX:092-608-8495
○開館時間
午前10時から午後6時まで
○休館日
月曜(祝日のときは翌日)、
毎月末日(土曜、日曜、月曜、または休日の場合はその日以降の平日)、及び年末年始(12/28~1/3)

▶2019年1月
和白地域交流センター
28日(月)



和白図書館

1日(火)〜4日(金)
7日(月)、15日(火)
21日(月)、28日(月)
31日(木)


▶2019年2月
和白地域交流センター
25日(月)

和白図書館

4日(月)〜7日(木)
12日(火)、18日(月)
25日(月)、28日(木)

201901_300x433
ありがとうシンちゃん
しみずみちを/作 二俣英五郎/絵 小峰書店   2002.12 ISBN:4-338-13211-6
山のふもとにある「ひなたやま保育園」では、たくさんの動物を飼っています。そのなかに、シンちゃんというイノシシがいました。赤ん坊のころに園内にやってきて、園児のナオキくんと特に仲良くなったシンちゃん。その後、シンちゃんは、時にはまるでお兄さんのように、ナオキくんを助けようとするかのような素振りを見せるまでになります。そんなナオキくんとシンちゃんの様子を、周囲も微笑ましく見守っていました。しかし月日が経ち、園内での生活が窮屈になっている大きくなったシンちゃんを見て、園長先生はある決断をするのです。

シンちゃんと触れ合うことで成長していくナオキくんのいじらしさとともに、側にいる大人たちの姿の温かさも印象に残ります。所々にある挿絵の愛らしさも物語の優しい雰囲気を伝えてくれます。