文字の大きさを変更 



奥村館長

更新日:2015年5月5日
地域が相談できる関係を築く

 さわやかな風が吹いて過ごしやすい気候となりました。外を眺めていると、手をつないでお出かけしている園児たちをよく見かけます。遠足やピクニックには最適な季節ですね
 新年度を迎えて早くも一ヶ月。あっという間に時が過ぎて五月を迎えています。新体制となって慌ただしい日々が続いていますが、この春から新しく利用しはじめた方々にも声をかけていただけるようになりました。

 この時期は一年の大きな節目として、総会を迎える季節でもあります。コミセンわじろの総会というものはありませんが、地域の代表者に集まっていただき、「地域連携会議」を行っています。これまでの活動報告とこれからの活動予定を説明する会で、合わせて地域への協力をお願いする場でもあります。
 地域への協力をお願いするのには理由があります。「ボランティア活動をしたい」「サークルを立ち上げたい」「子どもの見守りをお願いしたい」などの様々な相談が来るのですが、当館だけでは応えきれない問合せも少なくありません。そのような時には公民館に相談をして、サークルを紹介したり、ボランティアを受け入れていただいたりしています。地域に深いネットワークを持っている公民館と連携することで、コミセンができることも増えていきます。
 他にも、情報誌「WAJICO」を回覧板で回してもらったり、大きな公民館事業をコミセンで開催したり。館内の飾りをお借りすることもあります。そのように、何かあった時に相談し、連携を図れる関係づくりの基盤になっているのが「地域連携会議」です。

 この会議のようなさまざまな連携を通して、地域交流センターであるコミセンわじろが、地域から相談されるような施設になっていき、お互い持ちつ持たれつの関係ができる場所となることを目指していきます。



過去の投稿一覧
2017年1月

2016年4月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月