文字の大きさを変更 



池浦館長

更新日:2014年6月20日
2年目の「まつり」と、初めての「居場所づくり」

 梅雨で蒸し暑い日々が続いております。でももう6月を過ぎれば、本格的な夏が訪れます。福岡の夏といえば、博多祇園山笠。博多のまちを、法被を着た勇壮な男衆が、山をかついで走ります。山笠があると、夏の本格的な到来を感じますね。


 さて、今月は地域での2つの動きについてご紹介します。まず6月17日、昨年に引き続き「地域連携会議」が開催されました。今年の会議は和白公民館で開催され、和白5校区の自治協議会長、公民館長が出席。本年度も5校区が連携して地域を盛り上げる動きを促進しようという意図で、会議は進められました。そして会議の中で、第2回目の「コミセンまつり」の開催が承認され、実行委員会のミーティングが7月9日に開催されることが決まりました。5校区が「つながる」ためのお祭り、本年度も実施に向けて走り始めました。コミセンわじろも引き続き、地域の連携をサポートしてまいります。


 そしてもうひとつ。こちらは今年からの新しい動きです。コミセンわじろで夕方の時間によくロビーなどに来てくれている高校生のみなさんに向けて、有意義に活動できる場所をつくれないかということで、6月19日から、毎週木曜日と金曜日の週2回(時間は18:00〜21:00)、コミセンわじろ2F会議室にて、高校生のためのフリースペースを開設いたしました(※場所は変わる事がございます。ご了承ください)。この事業は「青少年見守り支援」実行委員会、福岡工業大学、美和台公民館、和白東公民館などの支援で行なわれます。もちろんこちらの事業も、コミセンわじろはサポートしていきます。詳細はこの記事でも順次お知らせいたします。


 暑くなりますが、新しいこともはじめております。今年の夏もコミセンわじろをご活用くださいませ、宜しくお願いいたします。



過去の投稿一覧
2017年1月

2016年4月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月