水は、

山下 大明/写真・文 福音館書店  2012.11 ISBN:4-8340-2756-3


空から降ってきた雨が、森や土に蓄えられ、やがて蒸気となって空へのぼり、また雨雲になる。
天地をめぐる「水」の営みが、山下大明さんの写真と文で綴られています。この本には少ない文章しかありません。しかし、言葉ひとつひとつの奥深さを、山下さんの写真が見事に表現しているように感じられます。
花や昆虫たちが水によって潤っている姿や、水そのものの造形の美しさに魅了されつつ、水の循環の広大さに心が揺さぶられます。

今月のテーマ『みず

なつには、かきごおりをたべたり、
うみでおよいだり、かわのちかくであそんだり。

「かきごおり」も「うみ」も「かわ」も
「みず」がかたちをかえたもの。

なつは「みず」とであうことがおおくなるきせつです。
いきもののいのちをそだて、
まいにちのくらしにかかせない「みず」。
いろいろな「みず」のせかいを、
ほんでかんじてみてください。



×ウィンドウを閉じる