201911_300x427
星磨きウサギ

那須田 淳/作 吉田 稔美/絵 理論社 ISBN:4-652-07918-8


銀河系外惑星開拓団隊員募集の広告を見て応募したウサギは、星磨きボランティアとして地球に送られます。「磨いた星が輝けば、恋は実る」ということは、ウサギの故郷の星では絶対的な宇宙の真理とされています。恋の行方を占いたい人たちの呼び声を聞き、ウサギはモップを担ぎタイムホールを抜けて、地球のさまざまな場所・時代に通い、星を磨き続けました。愛のカタチはいろいろで、燦然と星が輝くこともあれば、気持ちが変わって、光がうすれてしまうこともあります。では、ウサギはなんのために星を磨くのでしょうか・・・。もう一つ問題です。ウサギの大好物「パラッチョ」って、地球では何と呼ばれているでしょうか?答えはこの本の中に。

今月のテーマうちゅう☆たんけんたいⅡ 』

うちゅうをたびするって、どんなかんじだろう。
いってみたいな、うちゅうまで。
あってみたいな、うちゅうじん。
さあ、うちゅうたんけんにでかけよう!



×ウィンドウを閉じる