文字の大きさを変更 



池浦館長

更新日:2014年10月4日
秋の文化祭に見る、地域活動の魅力

 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、9月も下旬になりますと、朝晩も過ごしやすくなりますね。コミセンわじろの利用者のみなさまも、半袖から徐々に長袖など、秋らしい装いをおみかけするようになりました。

 さて秋と言えば、文化祭の季節です。お隣さんの福岡工業大学の「立花祭(第47回立花祭 11/2(土)、3(日)開催)」など、各高校や大学などである文化祭はお馴染みですが、和白5校区では校区それぞれの自治協議会が主催し、各区の公民館を舞台にして開催する文化祭も、地域の方々を中心に大変親しまれています。

今年は10/25、26に美和台校区、11/1、2に和白東校区、11/8、9で三苫校区、11/15、16で和白校区の文化祭が予定されています。(※奈多公民館でも早魚神事など、秋の催しがあります)地元の子どもたちからシニアの方々のサークルにいたるまで、多くの地域で活動される方々が、日頃の成果を思う存分に披露されます。夏まつりに匹敵する、地域の重要なイベントです。

 文化祭は主に秋の祭りですが、来年2月、和白5校区の自治協議会と公民館が協力し連携して行なう「コミセンまつり」も、着々と準備が進んでいます。

 8月には各公民館の主事が出席した意見交換会、9月には、こちらも主事が出席したまつりの企画会議が開催され、活発な意見の交換がなされました。

 
 昨年は初めての試みで、何もかもが上手に行かない、五里霧中での準備と開催となりましたが、今年は昨年の経験もふまえて、和白5校区の方々が、どんなに小さな絆でもいいので、つながっていける場にしたい。またつないでいけるようなサポートをしたいと考えています。

 今年の秋も各校区のみなさまの晴れ姿を、文化祭にて拝見させていただきたいと思います。とても楽しみにしております。



過去の投稿一覧
2017年1月

2016年4月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月