文字の大きさを変更 



池浦館長

更新日:2013年4月1日
4月は「出会い」の季節です

お隣の福岡工業大学では、桜の並木が満開です。春も本番となりました。
4月は新しい出会いがあります。それまで顔も知らなかった人とつながる時期です。ご縁というものを、とても感じる季節でもあります。

地域単位でも、新しい顔ぶれが揃う出会いがあります。最近も、嬉しい発見がありました。
私の住む町内の話ですが、長年経つにつれてだんだんと空き家も目立ち始めるなど活気の無い町内になりかけていました。そんな中、数年前にある若い世代の家族が町内に住み始め、「ここは良いまちだ」という評判を広めてくれたおかげで次々に家族が増え、一時期はひとりも居なかった子どもが17人も居る、賑やかな町内となりました。つい最近、私の住んでいる町内の組内で年に一度の総会・懇親会があったのですが、若い世代の家族も親子で積極的に参加して、以前からの住人と冗談も交えながら、「何でも言える」空気の中で和やかに行われました。地域のスポーツ大会も盛り上がるなど、町内は活気を取り戻しつつあります。

昔から「向こう三軒両隣」と申しますが、近所や町内など小さい単位での助け合いが、いざという時の備えになります。訪問、見守り、声かけ。町内単位での「ふれあいネットワーク」という考え方が、最近注目されています。もう一度、地域を立て直して行こうという気持ちや努力が、新しい出会いに導いてくれるのではと思います。

地域での自治会活動の際、ある先輩の方から「私たちは1年間、このメンバーでやっていきます。2度とは揃わないメンバーです、力を合わせて楽しくやりましょう」と言われたことをよく覚えています。出会いは縁の始まり。わずかな時間で人を和まして、潔く散る桜の花のように。私たち日本人はこの花が大好きです。小さくても精一杯生きて輝いて、御縁を残していきたいと思います。



過去の投稿一覧
2017年1月

2016年4月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月