文字の大きさを変更 



池浦館長

更新日:2013年1月4日
新年のごあいさつ〜初詣とお雑煮

 皆様、明けましておめでとうございます。謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 本年もコミセンわじろをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 お正月の和白の印象的な風景は、やはり初詣でしょうか。私は地元の大神神社(おおみわじんじゃ)へ家族と初詣に行くのが恒例となっております。
 大晦日、地域に明覚寺の除夜の鐘が響き渡る頃には、大神神社に参拝の人々の行列ができます。参拝客はお神酒やスルメ、昆布をいただいたり、お札やお守り、おみくじをを求めるなどの賑わいを見せます。そして何より、人々が行き交う中で久々に会う懐かしい知人や友人、成長したお子さんたちと顔を会わせ、新年の挨拶を交わすことが大きな楽しみです。
 春には爛漫の桜が咲き誇り、人々の憩いの場所としても親しまれている大神神社。この由緒ある神社での初詣という機会で、地域の人々が「つながり」を深めることを、とても嬉しく思っております。

 また我が家で新年の家庭料理と云えば、義母から「これだけは覚えてね」と言われ伝授されたのが「博多雑煮」でした。まず準備として昆布、椎茸、焼きアゴ(トビウオ)を水に一晩漬け、ダシ汁を取り薄口醤油で味付けします。ハマチは前日から塩を仕込み、金時人参、牛蒡(ゴボウ)、里芋などの根菜類は、それぞれ一口大に切って火を通し、竹串に一人分ずつを刺しておきます。
 そして年が明けると、鍋に昆布を敷き水を入れ丸餅を柔らかく煮て、お椀に丸餅、仕込んでいたダシ汁、ハマチ、竹串の具、かまぼこを入れ、最後に勝男菜(カツオナ)を載せていただきます。「やっぱりこれやね」と帰省する家族が楽しみにしてくれます。
 
 皆様、新年からご拝読ありがとうございます。皆様が今年も変わらない日常の生活に感謝しながら、過ごせる一年でありますようにお祈りしたいと思います。



過去の投稿一覧
2017年1月

2016年4月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月