文字の大きさを変更 



池浦館長

更新日:2012年8月1日
「夏祭り」

 長い梅雨も明けました。ようやく本格的な夏の到来です。炎天下にも関わらず、いつもコミセンわじろにご来館いただいております利用者の皆様に、感謝と暑中お見舞い申し上げます。この時期と言えば、夏祭り。今年も和白地域ではそれぞれお祭りがありますが、今年で17回目を迎える和白東校区の夏祭りでは、花火が毎年の呼び物となっています。
 18年前、和白東校区は、2年前に夏祭りを始められていた美和台校区の方々にご教示いただきながら、夏祭りを始めました。その中で最初に花火を打ち上げようという話が持ち上がった時、予算や安全性の心配もあり、当初は難色を示す意見もありました。
 しかし迎えた当日、本物の花火を目の当たりにすると、反対派も「来年もやりたい!」と感激する程の美しさでした。限られた予算ですし、花火大会ほどの華々しさはありません。けれどもみんなが力を合わせて準備した、すぐそばで見られる手作りの花火は、きっと子どもたちの「ふるさと」の美しい記憶になります。故郷の思い出をつくるために、地域の方々の力を結集して始めた夏祭り。今では和白東だけでも7,000人の方に来場していただいております。地域の子どもたちや皆様にとって、今年も素敵な夏祭りになればと願っております。



過去の投稿一覧
2017年1月

2016年4月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月