201809_300x336
びょうきのほん 1

山田 真/文 柳生 弦一郎/絵 福音館書店 1989.6 ISBN:4-8340-0046-X


現役小児科医の先生が、子どもたちでも読みやすいようにストーリー仕立てにして書いた病気の本。全部で3巻あります。1巻にはおたふくかぜ、水ぼうそう、とびひ、膀胱炎、かぜの五つが解説されています。小学校3年生の浩平くんと友人たちが、小児科医のワハハ先生から病気とからだについてユーモアたっぷりに教えてもらいます。発行は1989年とやや古めですが、よく読まれている定番の一冊です。


子ども向けの読み物ですが、大人が読んでも面白く、病気や薬について、予防接種や抗生物質など分かりやすく説明してあります。病気の本の入門として親子でぜひどうぞ。

今月のテーマからだ 』

いきていくために、
まいにちがんばってくれている「からだ」。

ぼくたちわたしたちのからだは、
どのようにつくられて、
どうやってうごいているのかな?

こんげつは、からだのしくみやびょうき、
えいようのほんなど、
からだにかんけいするほんをあつめます。



×ウィンドウを閉じる