201806_300x428
おだんごぱん

瀬田 貞二/訳 脇田 和/画 福音館書店 1989 ISBN:4-8340-0057-5


 おばあさんが粉箱をごしごしかいてやっと集めた粉で作ったおだんごぱん。窓辺で冷やされているうちに、ころんころんと家から逃げだしてしまいます。おだんごぱんを食べようとウサギ、オオカミ、クマが次々と現れますが、歌を歌ってころころころがり逃げ続けます。最後に出会った口のうまいキツネについ気を許してとうとう食べられてしまいます。


 ロシア、ヨーロッパに伝わる民話の絵本。やさしい色使いの味わいある絵とリズミカルな言葉にぐっと引き込まれます。

今月のテーマロシアのほん 』

こんげつ ロシアで
サッカーのせかいせんしゅけん
ワールドカップが はじまります。

また ことしはロシアとにほんが
おたがいのくにを しょうかいしあう
としにも なっています。

ロシアのえほんやおはなし、
ロシアについての ほんをあつめました。

ロシアのぶんかや くらしに ふれてみよう。



×ウィンドウを閉じる