201905_300x378
にんぎょひめ

アンデルセン/作 曽野綾子/文 いわさき ちひろ/絵 偕成社 1969  ISBN:4-03-303250-9


 海の底に住む人魚姫は、十五歳になった時、憧れていた海の上の世界をのぞきにいきました。その時に助けた人間の王子様に会いたくて、自分の声とひきかえに、人間の脚を魔女からもらった人魚姫。地上で王子様と再び会えたのですが、やがて王子様は別の女性に恋していることを知るのです。


 アンデルセンの代表作として皆が知っているこの話に、いわさきちひろさんが、独特の淡い透明感のある色調で絵を描いています。水彩のぼかしの色合いには暗い色も使われ、悲しみを含んだこの物語の奥深い世界を表現しているように思えます。

今月のテーマアンデルセンとちひろさん 』

アンデルセンは、
デンマークで子どものためのおはなしを
たくさんつくりました。

いわさきちひろさんは、
日本で子どもの本にたくさんの絵をかきました。

ちひろさんはアンデルセンのおはなしにも
絵をかいています。

アンデルセンのおはなしと、
ちひろさんの絵がある本。
ぜひよんでみてください。



×ウィンドウを閉じる