文字の大きさを変更 

▶和白地域交流センター
福岡県福岡市東区和白丘1丁目22-27
TEL:092-608-8480
FAX:092-608-8485
○開館時間
午前9時から午後9時まで
(多目的ホールは午後10時まで)
○休館日
毎月最終月曜(祝日のときは翌日)
及び年末年始(12/28~1/3)

▶和白図書館
TEL:092-608-8490
FAX:092-608-8495
○開館時間
午前10時から午後6時まで
○休館日
月曜(祝日のときは翌日)、
毎月末日(土曜、日曜、月曜、または休日の場合はその日以降の平日)、及び年末年始(12/28~1/3)

▶2018年5月
和白地域交流センター
28日(月)



和白図書館

1日(火)7日(月)
14日(月)21日(月)
28日(月)31日(木)


▶2018年6月
和白地域交流センター
25日(月)



和白図書館

4日(月)11日(月)
18日(月)25日(月)

201805_300x210
しょうぼうじどうしゃじぷた
渡辺 茂男/さく 山本 忠敬/え 福音館書店 東京 1966.6 ISBN:4-8340-0060-5

ある町の消防署に、はしご車の「のっぽくん」、高圧車の「ぱんぷくん」、救急車の「いちもくさん」がおりました。3台は町の人気者。でも、一緒にいるちびっこ消防自動車「じぷた」のことは誰も気にとめてくれません。「じぷた」には、他の3台がとてもかっこよく見えて、自分がとってもちっぽけに思えてきました。


しかしある時、山小屋で火事がおきました。はしご車も高圧車も山では活躍できません。さて、ちびっこ消防自動車「じぷた」の出番です!


 この絵本の出版は1966年。お父さんお母さんはもちろん、もしかしたらおじいちゃんおばあちゃんも小さいころに読んでいるかも?どことなく懐かしい車の絵が幼いころの風景を思い出させてくれるかもしれません。久しぶりに絵本を手に取ってみませんか。この絵本はアメリカで1942年出版されたもので、作者がボストンの田舎に暮らしていた家がモデルになっています。日本では1965年に出版され50年以上も読み継がれてきた絵本です。